読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【勝ち】結構いいかも-EMAを利用したエントリータイミングのはかり方-

早速ですが5分足。
f:id:no1497:20170217001844j:image

黄色のお手製zigzagが一時間足。そして緑が5分足。

一時間足は安値と高値の切り下げによる下目線。

一時間足規模でのフィボナッチリトレースが61.8%に差し掛かったところ。

 5分足でH&Sを作って5分足での転換サインが1時間足での戻り売りポイントという考え方。

 


f:id:no1497:20170217002429j:image

二つのシナリオを準備。

 

  1. 黄色い矢印パターンで一度戻って下落へ転換
  2. 桃色矢印パターンで上昇もしくはもみ合いレンジに発展

 

1の場合はホールド

2の兆候が見えた場合には新たな高値をつけた戻りで損切り逃げ

 

結果

5分足
f:id:no1497:20170217003049j:image

 オレンジの矢印の流れに。

損切り逃げを考えていたけど、新たな高値が切り下げて更新をできなかったのでしっかりとしたH&Sができたと判断してホールドしました。

 

まとめ

複数シナリオを必ず用意し、マイナス要素のシナリオに乗ったとしても想定内としてアクションを行う。

 

番外編:EMAでのエントリータイミングが取りやすい

 

とある日の1分足。

f:id:no1497:20170217003536j:image

赤い蛇行線がEMAです。蛇行線にタッチして切り上げ、タッチして切り下げが結構観察できる。

 

5分足。
f:id:no1497:20170217003806j:image

1分足よりは分かりにくいかな・・・。

 

 ちなみに
f:id:no1497:20170217004342j:image

こんな風になることも結構多いです。

 

ただ、環境認識、ダウ理論、レジサポラインの基本は忘れないようにしたい。 

インジゲーターを導入するとどうしてもそっちばかりに目がいってしまう。