読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまり -15万円を入金した-

GMOクリック証券の口座を開き、15万円を入金した。

15万円の運用について考えないといけない。

当たり前だけど一回の取引のリスクと考えうるリターンをちゃんと認識しないといけない。

というわけで、さっそくログイン後の画面を確認してみた。

f:id:no1497:20161227234723p:plain

 

最悪のケースを想定してみる

証拠金について。

証拠金は、今回でいうと入金した15万円を指す。

どうやらFXは入金したお金を使って為替の売買をするわけではないらしい。

FX証券会社に証拠金を担保として預けて、FX証券会社のお金で為替の売買を行うらしい。

つまり、15万円預けても最大15万円分までしか売買できないわけではない。

 

そもそも15万円までしか売買できなかったとする。FXの売買は基本的にドルを売買する。つまり、15万円全額を投入したとしてもドル換算して1500ドルの投入になる。

仮に10銭予想通りの値動きをしたとしても

 

1500×0.1=150円

 

150円の利益でしかない。

 イギリスのEU離脱の時、ドル円の大幅な下落は約5~6円。読みをはずしたとしても

 

1,500ドル×5円=7,500円

 

7500円の損失。飲み会一回程度。

 

一日をみてもそんなに値動きはしない。世の中ドル円1円動けば激しい値動きと言われてる。

 

逆にさきのイギリスEU離脱で100万円の損失を出すために必要な取引金額を考えてみる。

 

1,000,000円÷5円=200,000ドル

 

200,000ドルの投入が必要になる。つまり2,000万円の投入をして初めてその損失が出せる。

 

世の中、何百万何千万と損失を出す記事を見かけるけど、みんながみんなそんな大金を持っている?あまりそういう気はしない。

そこで登場するのがレバレッジ

先に言ったようにFX口座に預けたお金を売買するのではなく、預けたお金の金額によってFX証券会社からいくらまで使っていいですよ、という限度額を与えられる

 

国内のFX証券会社は、総じて最大25倍のレバレッジの会社が多い。

証拠金(預けたお金)にレバレッジの倍率をかけた金額が取引できる金額となる。

今回の自分のように15万円預けたら、1500ドルなので

 

1,500ドル×25倍=375,00ドル

 

が一回の取引に利用してもいい上限の金額になる。

 

GMOクリック証券は一回の取引に10000ドル単位で売買できる。

つまり最大30000ドルを投入できる。

 

30000ドル投入してイギリスのEU離脱のように5円の値動きをして負けたとすると、

 

30000ドル×5円=150,000円

 

15万円の損失。損失は証拠金から差っ引かれるため手持ちが0円となる。

これは最悪の結果。逆に言えば5円の読みが当たれば15万円の得となる。

 

売買最低単価の10000ドルで取引を行った。

その際に口座に入っているお金が15万円だったとすると、その取引のレバレッジ

 

取引10000ドル ÷ 証拠金1500ドル = 6.7倍

 

6.7倍のレバレッジで取引していることになる。

レバレッジ倍率は自分で設定するものではなく、取引のたびに投入する金額を現在の手持ちの証拠金で割ることで決定される。

 

計算ができるページがあった。

 

www.click-sec.com

 

今後の取引額と損切りラインについて考えてみる

 15万円の証拠金であるため、上述の通り1500ドル(15万円)×25倍=37500ドルが手持ちの取引可能金額であり、最低取引単価が10000ドルなので自分の可能な取引は以下の3つから選ぶだけ

  • 10000ドルを投入
  • 20000ドルを投入
  • 30000ドルを投入

 

分かりやすいように10000ドルを投入したときを想定してみる。

 

10000ドルの取引で10銭(0.1円)の値動きで負けると

 

10000ドル×0.1円 = 1000円

 

1000円の損失。

つまり15万円の証拠金のうちの何割を失うかというと

 

1000円 ÷ 150000円 =0.006 (0.6%)

 

損切りラインを決めるときはいつもこの式を考えておきたい。

根拠はないけどそんなにチャート張り付くこともできず、分かりやすいので、10銭の負けを常に損切りラインに設定してまずは始めようと思う。

そう考えると0.6%を失うリスクはあまりにリターンが見込めない。

そのため、10000ドルではなく20000ドルの投入を一回の取引額に設定しようと思う。

10銭の負けの場合、2000円の損失なので、

 

2000円 ÷ 150000円 = 0.012(1.2%)

 

以下のページを見つけた。

 

fxconsulting.jp

 

上記のページを見るに、1%リスクを取った場合の損益率と勝率を照らし合わせると、

勝率50%の場合は10銭の損切りラインに対して14銭以上の利確を続ければ破産の確率は5.9%ということになる。20銭で0.8%。

つまり勝ちは14銭以上の値動きで利確を続けたい。

 

 

まとめ

  • 証拠金15万円では、一回の取引を20000ドルにする。
  • 損切りラインは10銭にしてみる。
  • 10銭での損失は2000円。
  • 10銭を損切りラインにした場合は14銭以上の利確が望ましい。=損切りラインを上げる場合には14銭のラインに。
  • 取引額と損切りラインは証拠金が増えるにつれて更新する。